委託業務の仕事とイメージのギャップ

新しい仕事をする上で、ギャップというものは誰もが感じることです。それは、報酬や福利厚生などの条件面だけではなく、職場の雰囲気や人間関係が仕事を進める上で影響するからです。業務委託として契約をしている場合、通常の雇用契約とは異なり、仕事の内容ごとに契約を結んでいる為、解約をする時にも雇用契約とは違った事象が起きることがあります。
ただ、その前に確認すべきことは、業務委託の契約条件で働くことができているかということです。例えば、技術業務の委託であるにも関わらず、その他の雑務をやらされていたり、出社時間や休憩時間の制限があったりと、雇用契約と変わらない労働を強いられていることも考えられます。業務委託とは本来、会社と対等の立場で業務契約を結びます。にも関わらず、上司からの指示があったりと、偽装請負に近い環境で労働をしているケースは少なからずあるわけです。まずは、契約内容を満たした上での労働環境であるかを確認することで、問題が解決へ向かう場合もあります。また、自分の都合で解約を希望する時には、契約を結んでいる会社と合意を取ることで穏便に済ませることはできますが、状況によっては損害賠償を請求されることもあります。早めに法律家に相談をしておいた方が無難です。業務毎に契約をしている為、完遂出来なかった場合には報酬が支払われないことが多いですから、それを踏まえて解約をするかどうかを判断する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です